続・ぼくがビールを選ぶ理由

ぼくはアルコールを嗜むと言うよりも、ビールを飲みたいと言う気持ちでビールと向き合っている。
最近のアルコール業界では、安価かつ高アルコールの商品が多く新商品として登場した。
もはや定番化したとも言えるストロング・ゼロを筆頭に9パーセントの発泡酒? だったり。

ぼくはアルコールを体内に吸収したいのではなくて、ビールを飲みたい。
ドリンキンビアーをしたいんだ。

ビールが美味しくて、飲みすぎて、結果粗相してしまうなんてことはある。
だが、それはビールが好きな気持ち故に起きた事故であると言える。

だから、ほどほどに美味しくビールを楽しみましょう。